Shibuchaaaan

1994年福岡生まれ。建築系営業→エンジニアに転職。インターネットと麺類とカレーライスが好き。

【読本】「働き方完全無双」を読みました

こんにちは。

 

休み明け、仕事辞めるために計画を練ってるしぶです。

 

さて、私は最近あまりの仕事辞めたさからビジネス本や自己啓発本にハマっているのですが、今回は「働き方完全無双」を読んだ感想を少し。

 

 

この本は、ネット掲示板の2ch創設者のひろゆきさんが、これからを生き抜く為にどう働くか?を詰め込んだものです。

 

読んでて、「働き方」というよりもう「生き方」の本やな、と思いましたね。

この時代、世間体なんて下らんものは気にしてられん!崩れる社会保障、崩れる会社制度の中で、あらゆるものを駆使しながら自分の力で生きて行かねば…!と思わされる一冊です。

 

正直私は、会社に属することのメリットなんて税金が少し安くなるのと家賃補助とかの福利厚生くらいしか感じてないので、今後自分の力で生きていく必要がある、と頭の何処かでは分かっているのです。

私達の世代の人は、結構そういう人多いんじゃないでしょうか。

 

だから、みんながみんな“エリート社員”じゃなくたっていいし、“一律残業ナシ”にしなくたっていい。

バリバリ働きたい人は働いて、その分たくさんお金をもらう。

プライベートも大事にしたいから働くのは適度でいいなーって人は、適度に働いて、それに見合ったお金をもらう。

働きたくない人は働かずに、最低限のベーシックインカムでのんびり暮らす。その代わり贅沢は出来ないけれども。

 

と、こんな感じの世の中がいいよね、というのが趣旨だと思います。

特にひろゆきさんは、【ベーシックインカム制度】を推しています。

そうすればお金稼ぎたい人は勝手に稼いで、別にそんなに要らない人はベーシックインカムだけで勝手にダラダラ暮らす。

ちなみに財源はどうするんだ!との声もありますが、その辺も算出しており、きちんと記載されています。

 

私もこれには賛成ですね。

日本人って、なんで「みんな一緒」なんでしょうね?

みんな違う人間なのに。

それぞれが好きなように生きるのがベストだと思いますよ。

放っておいてもやりたい事で働く人は働くし、お金が欲しくてバリバリ働く人もいるし、働きたくない人だっています。

それぞれでいいんじゃないの?

 

そうしたら会社が成り立たない!という意見もありますが、成り立たなければ潰れるだけです。

その中でも成り立つ会社は世間で需要がある会社ということだし、そこで働きたい人がいる、ってことだから何も悪くないと思いますね。むしろ会社がブラッシュアップされて良いと思います。

 

てな感じで、「なんやこの日本の訳わからん風習は?」とか、会社至上主義が嫌いな方とか、会社に飼われてモヤモヤしてる方にはぜひオススメしたい一冊です。

 

ではまた、この辺で!